KY的生き方

陸上やゲーム、読書、ライフハックを中心とした雑記ブログ

ニーズヘッグシステムとは?絶対に作るべき理由を徹底解説します!【パズドラ】

(2019/10/11更新)

 

こんにちは。KYです。

 

今日は、パズドラについての記事を書かせていただきます!

 

 

今回は巷で話題の「ニーズヘッグシステム」について、「絶対に作るべき」個人的おすすめポイントについて解説していきます。

 

 

ニーズヘッグシステムとは?

システムの概要

さて、本題に入ります。

 

f:id:Sprint-e2-ky:20191013143147j:plain

 

ニーズヘッグシステムは、どの辺が「システム」なのかというと、ニーズヘッグのスキルを毎ターン1回ずつ打つことで、4体目のスキルを打った後のターンに、最初に使ったニーズヘッグのスキルがまた使えるようになる、というスキルループができる点です。

 

毎ターンパズルをしなくても、スキルを打って盤面をずらすだけでかなりの種類の敵を倒すことが出来ます。

 

毎月配信されるクエストのチャレダンや降臨等、多くのダンジョンに対して「とりあえずこれ!」で突入することができ、ダンジョン潜入時のパーティ選びの迷いとダンジョンクリアの手間が省けます。

 

さらに、以下のようなメリットもあります。

  • 基本的にニーズヘッグのスキルを打ってずらすだけで、多くの敵をワンパン可能
  • 上下変換なので、コンボ吸収対策がしやすい
  • リーダーチェンジされても、そのまま戦える

 

実際の動きはこちらの動画を観てみてください。

 


【パズドラ】バレンタインソニアをニーズヘッグシステムで使ったら強すぎた!! 7周年記念クエストLv30も余裕のクリア

 

こんな高難易度ダンジョンまで行けてしまうのは驚きです。

 

ニーズヘッグの超覚醒・潜在覚醒について

f:id:Sprint-e2-ky:20191013151949j:plain

ニーズヘッグの超覚醒は「マシンキラー・回復キラー・超追加攻撃」の中から選ぶことができます。

特に「絶対にこれにした方がいい」というものはありませんので、用途に応じて選ぶと良いでしょう。

 

潜在覚醒については、こちらも絶対はありませんが、基本的には「スキル遅延耐性×6」が最適と言えます。

ニーズヘッグシステムは、スキルを毎ターン打つことによるスキルループが最大の特徴であり、強みなので、スキル遅延によってニーズヘッグのスキルが打てなくなってしまうと、極端に弱くなるためです。

 

適正リーダーについて

先ほどの動画ではバレンタインソニアをリーダーとして使っていましたが、その他にも、

  • 操作時間の長いマドゥ
  • 落ちコンなしの極醒シェアト
  • 覚醒無効解除スキル持ちのユウキ
  • 列強化で火力特化のラルグ

等適性のあるリーダーは数多くいます。状況に応じて使い分けていきましょう。

 

オメガの登場で毒・爆弾ドロップの対策が1体で可能に

ガンホーコラボにおいて新たに実装された「オメガ」をリーダーとして使い、同じくガンホーコラボで実装された武器「レアーのカード」をアシストすることで、2ターンで「お邪魔・毒・爆弾ドロップ」の処理ができるようになります。

f:id:Sprint-e2-ky:20191013145928j:plain f:id:Sprint-e2-ky:20191013145936j:plain

さらに、ニーズヘッグシステムとの相性が抜群で、基本的に毎ターンニーズヘッグのスキルは使うので、「毎ターンヘイスト=1ターンでレアーのカードのスキルが打てる」ことになり、結果として毎ターンスキルを打てることになります。

よって、パーティに毒耐性やお邪魔耐性を積む必要がなくなり、その分他の役割にアシストを回すことができます。

 

オメガ×バレソニを使った闘技場「異形の存在」の高速周回編成もあるので、

潜在覚醒キラーを効率よく集めたい方は必見です。

 

固定追い打ちリーダー登場でニーズヘッグシステムが無双状態に!?

(2019/10/11更新)現在開催中の「北斗の拳コラボ」において、火属性にも強力な「固定ダメージ追撃」のリーダースキルを持つキャラクター「ラオウ」が実装されました!

f:id:Sprint-e2-ky:20191011111128j:plain

 

ニーズヘッグシステムの課題点であった「追い打ち」の煩わしさが解消されるという点において、「ソロ用何でも周回機」としては大きな進化を遂げたと言えるでしょう。

HP倍率がかかる点もバレンタインソニアと相性抜群ですね。

 

ニーズヘッグ降臨をマルチで簡単に高速周回

 

ニーズヘッグ降臨はフロア数5なので、周回パーティさえ組めれば、マルチで比較的簡単に(1週辺り1分程度?)高速周回することが出来ます。

 

自分が周回していた時は、アメン×ドットエキドナや、マシンノア×ユージオを使っていました。(マルチ相手はTwitterで探してました。一緒に行ってくださった方々に感謝!)

 

◆アメン×ドットエキドナ編成

f:id:Sprint-e2-ky:20190212160909j:plain

 

◆マシンノア×ユージオ編成

f:id:Sprint-e2-ky:20190212160942j:plain

f:id:Sprint-e2-ky:20190212161001j:plain

 

まとめ

ここまで見ていただき、ありがとうございました。

 

私もニーズヘッグシステムを作って半年以上が経過しましたが、いまだに使用頻度は高く、日々のダンジョン周回やクエスト消化に非常に役立ってくれています。

 

作って絶対に損はないシステムだと思いますので、少々大変ではありますが、是非作ってみてください(^_^)

h

 

では、また次回。

ttps://twitter.com/s51ym31/status/1092720156831174656

https://twitter.com/s51ym31/status/1092720156831174656